<< 古炉奈の跡地に行ってきました。 | main | RADEON旋風巻き起こる! >>
 
    ark_akibaをフォローする
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2015 >>
    RecentComment
    RecentTrackback
    PR

    Call of Duty
     どうも、Mr.紳士です。
     ポゲむちさんへの無茶ぶりは相変わらずだなぁ、と見守りつつマスコットキャラクターが出来上がるのを密かに楽しみにしています。


     さてさて、最近では「Radeon HD5870」や「Radeon HD5770」がパーツ業界をを賑わせていますが、それはそれ。
     私は自由気ままにゲームの紹介をしていきます。
     きっと明日、明後日には他の方がより煮詰めた内容で書いてくれるでしょう。


     という訳で、今日のBlogで紹介するゲームは傑作と名高い
    「Call of Duty 4: Modern Warfare」です。
     興味のある方は、宜しければお付き合い下さい。


     まずは商品のご紹介から。





    Call of Duty 4: Modern Warfare



     2007年の11月6日に北米で発売されたFPSゲームで、「Call of Duty」シリーズの第4弾です。
     「Call of Duty」シリーズは第二次世界大戦を舞台に、臨場感と映画的演出、状況の多彩さによって一兵卒として戦場に送り出された多くのプレイヤーを虜にしました。
     そして第4弾である「Call of Duty 4: Modern Warfare」は本質はそのままに、舞台を現代へと移して暗視装置や地対地誘導ミサイルなどのハイテク機器を使用した近代的な戦争を描いています。
     もちろん武器だけでなく戦闘ヘリや戦闘車両、戦闘機なども登場します。

     元々の評価も高かったこともあり全世界でPC版だけで数百万本、コンシューマ用も合わせると1000万本以上を出荷し、2007年では最も売れたタイトルとなっています。
     そんな訳で、紹介するにしても「そんな今更?」な感もしてしまいますが……いやいや、むしろこれからまた更に盛り上がるのでは無いかと思っています。
     その理由としてはCoDプレイヤーなら、いやFPSプレイヤーなら既に知っているかと思いますが「Call of Duty 4: Modern Warfare」の続編が開発、11月10日に発売される予定だからです。
     もちろんこの日付は海外での発売日なので、日本の海外ゲームを取り扱うショップでは数日は遅れてしまうかもしれません。
     しかし私は勿論、「Call of Duty 4: Modern Warfare」をプレイしてハマった方ならタイトルだけでも期待は大いに高まると思います。
     すでに某Gamerサイト等ではトレイラームービーが多数公開されていて、期待感を更に高めてくれます。



     ストーリーを紹介するとネタバレになってしまいますので少々割愛させて頂きますが、このゲームでは主人公は一人ではありません。
     SAS第22連隊の新人隊員であるJohn“Soap”MacTavish軍曹とアメリカ海兵隊第一武装偵察隊に属するPaul Jackson軍曹の二人の視点から、二つの作戦が展開されていきます。
     それぞれで起きた出来事が重なり合い、やがて一つの真実に結びついていきます。このストーリー構成はまさに映画的演出だと思います。
     話によると海外の連作ドラマ「24」をモチーフにして、テレビドラマの脚本家を製作スタッフとして雇ったというのですから、その気合の入れ方も本格的です。

     途中、現代兵器の真髄と恐怖を見せ付けるようなミッションも登場し、これが色々と議論をかもし出しているようですが、そんな話はもちろんこんな場所でする話ではないので割愛します。
     


     ゲーム性としては従来のFPSと同じであり、むしろお手本と思える出来です。もしもFPSに慣れていないという方がいたら、本作品から入ると他のゲームが随分と楽に感じられるのではないでしょうか。
     もちろんそれぞれタイトルによってはゲームスタイルの違うものがあるので一概には言えませんが……。

     意外な事にシングルプレイは今までの作品よりも薄めに作られていますが、難易度によって劇的に状況が変わるのが面白い点です。
     難易度が『イージー』であれば突撃して敵兵をなぎ倒していく爽快なシューティングゲームを味わう事ができますが、『ベテラン』つまり最高難易度ではプレイスタイルはガラリと変わります。
     このゲームはライフ値が画面に表示されておらず、敵からの銃弾を受けると視界の周囲が赤く染まっていき、そのまま攻撃を受け続けると死亡してしまいます。
     これが難易度『ベテラン』では、恐ろしいことにたったの3、4発で死亡となってしまうのです。むしろ現実的に考えれば一発でも致命傷になりえるとは思いますが……まぁそこはゲームという事で。

     更にマルチプレイでは経験値を詰む事で新しい武器や『Perk』と呼ばれる様々な技能がアンロックされたりと、やり込み要素はシングル・マルチ共に満載です。
     2007年に発売された本作品ですが、今でもマルチプレイには人が集まってプレイしています。Arkでも発売から2年経った今でも売り切れてしまうほどです。
     





     続編である「Call of Duty: Modern Warfare 2」には、本作品の主人公の一人John“Soap”MacTavish軍曹なども出てくるので、本作品のストーリーの流れやキャラクターを把握しておくとより一層楽しめるかも知れません。
     残念ながら日本語版は品切れの状態が続き入荷の見込みが無いのですが、そこは例によって例の如く、有志の方々による非常に質の良い日本語化MODがありますので大丈夫です。
     これが本当に出来が良く、英語版を買っても日本語版と遜色無くプレイできます。ただ死亡した時に出てくる戦争の格言のような文章が日本語化されないのは個人的に残念ですが……。





     発売までの間にまだ少しばかり時間があるので、
    「Call of Duty: Modern Warfare 2」に興味を惹かれている方はこの機会に是非こちらもプレイしてみては如何でしょう?
     それでは、今日はこの辺で……。





     ちなみに余談ですが「Call of Duty: Modern Warfare 2」の特典パッケージには何とゲーム内でも出てくる暗視装置「ナイトビジョンゴーグル」が付いてくるそうです。
     ゲーム担当者にそれとなく聞いた所「発注はするが、物が来るかどうかは正直な所分からない」だそうです。
     もし気になっている方が居たら小まめなチェックが必要かも知れません。
     ……いいなぁ、カッコイイなぁ、欲しいなぁ。

     

    コメント
    紳士さんのデバイスレビューは結構見落とされがちなところまでレビューされてていいと思うのですが、結構FPSゲームは長くやっているんですか?
    • arker
    • 2009/10/14 12:37 PM
    •  
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    コール オブ デューティ4
    コール オブ デューティ4の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「コール オブ デューティ4」へ!
    • コール オブ デューティ4
    • 2009/10/17 3:12 AM
    •  
    Search
    Links
    Mobile
    PR

    デル株式会社
    デル株式会社
    マカフィー・ストア最新キャンペーン情報

     
    Turny image thing