<< 社外製LGA1156対応CPUクーラー | main | CAPCOM祭り! >>
 
    ark_akibaをフォローする
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2015 >>
    RecentComment
    RecentTrackback
    PR

    TRINE -TRINE TRINE 走っていけ-
     なにやらiPhoneで『Civilization Revolution』が出来ると聞いてぐらついてしまいました。
     どうも、Mr.紳士です。
     ですがUS Storeでは日本のカードは使えないらしく、色々と手続きが必要なようです。
     ……それでもiPhoneでCivilizationが出来るならアリかも、と考えてしまっています。



     さてさて、今日は今では懐かしい横スクロールの新作アクションゲームをご紹介したいと思います。



     それがこちらです。



    Trine





     フィンランドの開発スタジオが作り上げた横スクロール型のアクションゲームです。
     しかし横スクロールだと言って侮るべからず。グラフィックスはフル3Dで描かれており、ゲームに出てくるオブジェクトも全て物理演算によってリアルな動きをします。
     そのお陰で横スクロールという今では古臭さを感じてしまうようなゲームスタイルにも関わらず、本作品はそんな雰囲気を微塵も感じさせません。
     ファンタジーな世界観に似合う音楽も個人的にはオススメの一つです。



     さて、それではストーリーの紹介を……と行きたいのですが。
     Blog内で度々言っていましたが、私は英語が大の苦手なのです。本作の世界観や背景について日本語で書かれたページが見つからなかったので、今回は私の拙い英語力で読み取ったストーリーになります。
     確実に間違った解釈が混じってしまうと思いますが、そこは「ハハハッ、こやつめ!」と笑って許して頂けると幸いです。

     ……洋ゲーを遊ぶ者としてそれはどうなんだ、というツッコミも無しの方向でお願いします。


     かつて、大陸は一つの王国が統一し、世界は平和に包まれていた。
     しかし今では大陸は混沌の渦に巻き込まれていた。
     悪魔の手による、国王の暗殺。
     王国の兵士たちは主君を失い、民は統べる王を失って途方に暮れてしまった。
     更にそれを機に大陸のあちらこちらで悪魔たちが姿を現し始めた。
     死者たちが悪魔の手先となって蘇り、世界は闇に包まれようとしていた。
     これは、そんな王国を救った希望の歴史である。



     というのがストーリー、だと思います。


     プレイヤーが操るのはWarriorThiefWizardという三人のキャラクターです。この三人をゲーム中に切り替えて行く事で、ステージをクリアしていきます。
     各キャラにはそれぞれ得意分野があり、Warriorは攻撃を防御がメインです。全キャラ中、防御が出来るのはWarriorだけです。
     戦闘や洞窟の落石などを盾と強靭な肉体で防いで突破していきます。ただ私がプレイした限りでは、活躍する場面が非常に少ないので残念です。
     Thiefは弓矢による遠距離攻撃と、伸縮自在なロープ付きフックによる移動が特徴です。
     振り子のように左右に揺れ、その反動を利用して高所に上ったり途切れた道を飛び越えたりできます。このフックがかなり使い勝手が良く、前半から後半まで活躍します。
     Wizardは名前の通り魔法が得意です。木箱などのオブジェクトを魔法で持ち上げて移動させたり、自らオブジェクトを作り出したりする事ができます。
     オブジェクトで敵を押し潰して攻撃したりもできますが、Wizardの活躍は基本的にオブジェクトを利用して道を作り上げることです。彼がいないとクリア出来ない場面が多々あります。


     このゲームの面白い所は、横スクロ−ルにも関わらず古臭さを感じさせないグラフィックスと、そんな古き良き時代の横スクロールアクションに似たアイテム収集性だと思います。
     マップのあちこちにある緑色の魔法薬(Experience)を一定数集めるとレベルが上がり、隠し通路の先に宝箱があり貴重な装備品が手に入ったり等々。
     「子供の頃やった事あるよ」と言われる方が多いはずの『ロックマン』や、『スーパーマリオ』を思い出します。
     私としては、Thiefのフックがどうしても『海腹川背』を思い出してしまいます。あぁ、懐かしいなぁ。


     さて、そんな懐かしい気分は置いておいて。
     本作の非常に残念な所は、オフラインでしかCoopに対応していない所です。要するに一台のPCで一人はキーボード、一人はゲームパッドといった具合です。
     公式Forumでも「オンラインCoopモードを作ってくれ!!」といった声が多く届いているようです。
     オンラインCoopが実現できれば、また違った面白さが生まれるはずなので、是非ともパッチなどで出来るようになって欲しいです。





     皆さんも久しぶりに、懐かしの横スクロールゲームをプレイされてみてはいかがでしょう?
     

     それでは、今日はこの辺で……。

     





    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Search
    Links
    Mobile
    PR

    デル株式会社
    デル株式会社
    マカフィー・ストア最新キャンペーン情報

     
    Turny image thing