<< 本日解禁!らでおん | main | 店頭クレジット端末復旧のお知らせ。 >>
 
    ark_akibaをフォローする
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2015 >>
    RecentComment
    RecentTrackback
    PR

    迷彩とPCパーツと私
    どうしでも迷彩をみると物欲がウズイテシマイマス・・・でもそれには訳が有るのです。

    ■いつかは迷彩、camoがまだレアだった頃
    昔、自分が子供の頃TVでみた映画「グリーンベレー」でジョンウエィンが着ていたあのタイガーパターンを始めてみた時、超カッコ良いと思いました、そしてできれば自分もあんな服欲しいとも。 しかし当時はWEARからGEARまであらゆる物がまだ迷彩というだけでレアでかつ子供の自分が迷彩の何かを入手する機会はありませんでした、稀にアメ横に買い物に連れて行かれ迷彩の何らかを見かけるとそれだけでワクワクしていました。パクッ
    それから時が経ち今から10年程前になると洋服や小物、カバン等ではそこそこ迷彩タイプが出現し選べるようになっていました、ですがまだPCパーツ関係ではほとんど迷彩を採用したアイテムは発売されず、自分の心を満たすものは出てきませんでした。

    ■ならば自分で、夢、ウッドランドパターン!!
    あるとき、それならば自分で作れば良いじゃないか!と思い立ってみたものの工作は苦手かつ嫌い(汗、ならば製品にしてしまえば良いじゃないかと韓国製ケースの代理店に企画を持ち込んだ所相手も乗り気に!、とりあえず確か韓国軍は当時の迷彩色の代表格、米軍WOODLAND LIKEな迷彩だったハズと塗装柄は韓国軍の迷彩パターンでお願いします伝えました、3日後早速サンプルが出来たとの事で勢いで38°線近くの韓国の塗装工場へ、そこでみたケースの柄が確かこれ。

    あぁそうそうこのWWIIのダックをタイガー調にしたこのなんともいえないパターンがって待てやおいっ!!
    確かに・・確かに依頼した通り韓国軍の迷彩でしたが思ったものと違ったのでその事を説明、(どうやらそのCADの線引いた人が従軍していたときは↑の迷彩を着ていたらしい。)
    確かにこれはこれとして良く出来ている・・・、しかしこれ販売しても日本の皆さん多分何処の迷彩なのか判らない、どうしよう。
    とりあえず全面修正はいいとして新たなる問題が発覚、WOODLAND迷彩は重ね塗り要素のある部分が多用されたデザインになるのですが実際重ね塗りすると重なった部分の塗料が盛り上がり凸凹してかなり変な仕上がりになるので色別に重ならない4つのマスキング金型を作成しなくてはいけないという事、しかも明日の朝までにホテルで線を引いてきてくれれば急いでCADに起こしますと・・(ここで本場焼肉ディナーを諦める唖然)、急いで文房具屋さんに向かい、実寸のトレーシングペーパーにWOODLANDパターンの線を引き重複部分を整理、気が付けば朝6時になってそのまま昨日の塗装工場へ。
    なんとか引きつぎ続きはメールでのやり取りとしてお土産にMMGearを購入して帰国、自分の初韓国は不眠の27時間滞在で終了・・

    その後、細かい修正や色の選定を行い、完成した製品がこちら↓↓↓
    担当のオリジナル企画第一弾(AKIBA PC HOTLINE参照)
    こちらは別のメディアさんが取り上げてくれたときの記事です。(ASCII参照)



    ああ懐かしい。。 
    賛否両論、色々ありましたが自分的にはその時のベストを尽くした事、ただかなり経験や力不足だったこと、とにかく勉強になった事、そして企画や製品化など物作りに携わる人たちって凄いなと強く思いました。パクッ
    結果的にはヒットとはいかず、第2弾、3弾や夢のままになりました。

    ・・・それから時が経ち、今では迷彩はPC業界でも比較的見かけるバリエーションのひとつとなりそんなに珍しいものでは無くなりました、それでも今でも迷彩パターンのグッズを見つけると、チェックして欲しくなってしまう自分がいます。パクッ


    それにしても最近目にするPCパーツのミリタリー系の完成度はやばいですね。(良い意味で。)

    COMPUTEX TAIPEI 2009より
    IN WINのMILITALYプロジェクト(ITメディア記事)

    あとはAntecのMINI P180-BUSH MASTER AMD迷彩限定モデルみたいのもかっこよかったですが結局販売はされなかったのかな?



    そんな訳でとりあえずMadCatz Modern Warfare 2 Combat Keyboardを買ってしまいました・・・・
    やっぱり迷彩カッコイイですし!
    そう、迷彩のレヴューでは多くを語っても仕方が無いので写真のみ、男は黙ってデジタルカモ!
    といいつつも、このキーボードを使っていてさりげなくありがたいポイントは「Windows key Kill」ボタンがついている事でしょうか。 マイナスメンはCall of Dutyのロゴがry・・・それ以外はとりあえず普通のキーボry・・・いや、もう迷彩というだけで個人的には100点満点ではないでしょうか。個人的にはこのグレー調ではなく生粋のACUカラーか海兵隊色だったら120点満点でした。パクッ




    以下は購入していませんが同時に入荷した男のデバイスです。

    マウスは個人的にはずっとMS系なので今回はスルー

    パッド派ではないけれど欲しい・・・


    今回はレヴューというより思い出話になってしましました・・
    ただすっかりおじさんになった今でも迷彩を見ると血が騒ぎます、きっと迷彩には子供の頃憧れていたジョンウェインやスティーブマックイーンと同じように「カッコ良さ」という魅力が詰まっている気がします。パクッ

    written by ホサ

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    承認待ちのトラックバックです。
    • -
    • 2010/01/20 9:55 AM
    •  
    -
    承認待ちのトラックバックです。
    • -
    • 2010/01/29 11:09 AM
    •  
    Search
    Links
    Mobile
    PR

    デル株式会社
    デル株式会社
    マカフィー・ストア最新キャンペーン情報

     
    Turny image thing