<< 初の4-Way SLI対応マザーボード | main | 「辛さの甘さを知る」 >>
 
    ark_akibaをフォローする
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2015 >>
    RecentComment
    RecentTrackback
    PR

    ワイヤレスヘッドホン「REX-WHP2」
     どうも、Mr.紳士です。
     さて、今回は珍しくゲームソフトではなく、デバイスのレビューを書かせて頂きました。
     と言っても純粋なゲーミングデバイスではありません。

     今回は担当の方から渡された商品はコチラ!!


     USBワイヤレスデジタルヘッドホン REX-WHP2


     今回はコチラの商品のサンプルをお借りしたので、
     一ゲーマーからの視点で感想を述べていきたいと思います。

     さて、普段からデバイス関係のレビューをしていなかったので、
     どのように紹介すればよいのか勝手が掴めないので今回は感想を箇条書きにして、それに一言二言感想を付け加えていきたいと思います。


     まずは個人的に良かったと感じた点から


    ・USBポートに挿すだけで簡単に接続できる
     特に手順が必要ではなく、付属のUSB送信機を差し込むだけ。
     対応OSであれば自動的に標準ドライバがインストールされるのでPC初心者にも安心です。
     
    ・受信範囲が広い
     メーカー曰く、見通し最大10mという事で受信範囲が広く、試しにベランダに出て窓ガラス越しに立ってみてもみても問題なく利用する事ができました。
     PCで音楽を再生しながら、それを聴きつつベランダで洗濯物を干す、なんて事も可能でした。

    ・ヘッドホン本体で音量調整ができる
     ヘッドホン本体にボリュームスイッチが付いているので、わざわざPC本体のボリュームを調整する必要がありません。
     
    ・電池が長持ち
     一回充電してしまえば、意外と長持ちします。
     使用している最中に、一度そのまま寝てしまった時も、問題なく使い続ける事ができました。
     
    ・音質は良い
     私が一番心配だったのがこの部分です。ゲーム、特にFPSをプレイする際は『音』も重要な要素の一つです。
     この『音』で敵が何処にいるか、何をしているかをある程度把握するのですが、REX-WHP2でも問題なく聴くことが出来ました。

    ・全体の造りも申し分ない
     長時間装着した時も特に違和感を感じること無く、充電池込みでもそこそこ軽量なので疲れる事もありませんでした。
     初めて装着した時には違和感を感じましたが、さすがにそれは普段のモノから替えた時に感じるものだと思います。すぐに慣れてしまいましたし。
     ……まぁ私の場合は、元々そこまで繊細では無いのも大きな要因なのかもしれませんが。



    次は使用していてイマイチだった点を。

    ・時々ノイズが聞こえる(満充電時でも)
     一日充電しておいたにも関わらず、突然ブツッブツッという切断音が聞こえてきました。
     音楽やゲームの最中でも発生し、その際は当然ながら全ての音が途切れ途切れになってしまいます。
     10日程度の使用期間でしたが、これに見舞われたのはおおよそ7回ほど。
     それも5分ほど経つと、気が付いた時にはその異音は無くなっていたので、結局は原因を追究する事が出来ませんでした。
     
    ・耳周りが圧迫される
     これは上記の『全体の造りも申し分ない』と反してしまいますが、眼鏡をした状態での長時間の使用は辛い気がします。
     コンパクトサイズにする為には仕方が無いと思うのですが、耳周りのサイズも小さめになっています。
     なので少し耳全体を押し潰すような形になってしまい、結果眼鏡のフレーム部が耳と即頭部に挟まれ、長時間使用すると鈍い痛みを感じました
     しかしこの辺はこまめに休憩を取るなどの工夫を凝らせばいくらか軽減できる点でもあります。



    総評

    ○設定が楽なので手軽にワイヤレスヘッドホンを使える

     受信範囲も広いので音楽を聞きながら別の作業をする際に使えます。
     音質も良く、音量の調整も手元で出来るため、手軽に楽しめるワイヤレスヘッドホンとしては非常に優秀だと思います。
     

    ○充電式なので電池の取り替え要らず

     充電式のお陰で乾電池をわざわざ取り替えるなんて事もなく、また稼働時間も長いので一度充電してしまえばしばらく使えるのは嬉しい限り。
     机の片隅に乾電池が積もっていく、なんて事にもならないのでお部屋もスッキリ?




    ×ゲーミングデバイスとしては可、だが近年のゲーム事情を考えると難しい

     ゲームをプレイするにも申し分のない音質で、遅延も感じられず、USB接続音源なのでどのようなPC環境においても、
     サウンドカードなどに左右されない音が出力されるというメリットまである本製品。
     しかし最近のPCゲームはボイスチャット推奨のゲームが増え、ユーザーも積極的にボイスチャットを使用するようになっています。
     そのようなゲームをメインで遊んでいるユーザーにとっては、マイクが付属していない本製品をわざわざ選ぶ必要があまり感じられないかと思います。

     もちろん、マイクは別途用意すればいいだけなので、ボイスチャットはしたいけどそれ以外の時はワイヤレスで、と言ったように使い分けるのもアリです。
     実際に私が使用していた最中は『ダーマ タクティカルスロートマイクロフォンをメインマイクにしていました。
     こちらのマイクは声帯の振動を直接拾う、という特徴から首に装着するタイプなのでヘッドホンが邪魔になりまぜん。



     そしてゲーマーの方には向かないであろう、私が考える最大の理由があります。


     ゲーマーにとってPCの前から動く事は滅多にない


     基本的にゲームをする際は当然ですがPCの前に本人が常に居る状態です。
     PCの前に居る状態ではワイヤレスの恩恵は大して感じる事は出来ません。
     コードが邪魔にならない、という利点があるかも知れませんが、そこは3.000円程度でMouse bungeeを購入して利用してしまえばいいだけです。

     それをわざわざ高価なワイヤレスヘッドホンへ買い換える、という選択肢は中々出てこないかと思います。
     やはり価格を考えてしまうと、同価格ならもっと上質なヘッドセットを選択してしまうと思います。








     が、これはあくまでゲーマーの、それも私個人の感想です。

     当然ですがゲームされない方も居ると思います。
     そういう方にとっては本製品は音質も良く、音の遅延も感じられず、前後左右の定位感もしっかりしているヘッドホンになります。
     更にはワイヤレスなので音楽を聴きながら、別作業をするにも最適です。




     長々と書いてしまいましたが、サラッとまとめてしまうと
    『ヘッドホンとしては良いのだけど、どうしてもゲームメインの自分には使い辛い』
     と言った所でしょうか。
     初めてワイヤレスヘッドホンを体験し、その快適さに感動はしたのですが、どうしても最後までゲームをやる事前提で考えてしまいました。

     こんな私のレビューでも皆さんの購入の参考になれば幸いです。

     それでは、今日はこの辺で……。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Search
    Links
    Mobile
    PR

    デル株式会社
    デル株式会社
    マカフィー・ストア最新キャンペーン情報

     
    Turny image thing